Flavor Network

ノードサイズ : 食材のレシピ登場回数 リンクの太さ : 共有する風味化合物の数

このネットワーク図は、どの食材同士の相性が良いかを表しています。1つの丸が1つの食材であり、その食材同士が線で結ばれている場合、相性が良いということを意味しています。これは「フードペアリング理論」という考えをベースに作成したもので、西洋料理においては「フレーバー」と呼ばれる香りの成分(風味化合物)が似た食材同士を組み合わせると、上手く行きやすくなるというものです。例えば、「ビール」と「コーヒー」の相性が良いということが分かります。一般的には悪い組合せに見えますが、実際に混ぜてみるとビールとコーヒーそれぞれのコクと苦味が合わさって、より深い味わいになります。


さらに詳しい説明は、下記の論文を参照下さい。

"Flavor network and the principles of food pairing" Yong-Yeol Ahn, Sebastian E. Ahnert, James P. Bagrow and Albert-László Barabási



Created by Sho Izumo